微信jiashangqulemei
 

日本抹茶翻译_抹茶日语翻译

发布时间:2019-01-23 12:10:04
 

日本抹茶翻译_抹茶日语翻译


皆さん、こんにちは。日本語か1年3組のしゅういんばいです。今日は日本の抹茶文化について紹介したいと思います。


「抹茶」は、日本で数百年以上の歴史をもつ、伝統ある嗜好品だ。現代に入っても、日本の抹茶文化は大きな変貌を遂げつづけてきた。茶の湯に供されるだけでなく、和菓子、洋菓子、主食などに抹茶の粉が練り込まれた「抹茶味」の食品が増えつづけている。


一言でいうと、日本人は抹茶味が大好きなのだ。


古くから日本にあった伝統食であるということを考えれば、日本人の抹茶味好きは不思議なこととは言えない。しかし、ただ歴史が長いということだけでは、その食が好まれることにはならない。今の日本人を惹きつける何かが、抹茶にはあるはずだ。


大家好,我是日语系大一三班的周寅培。今天我想给大家介绍的是日本的抹茶文化。


抹茶在日本有着数百年的历史,是传统的嗜好品。进入现代,日本的抹茶文化也发生了变化。并不只是用在茶道上,日式点心、洋式点心、主食等加入抹茶粉的“抹茶味”食品也在增加。


总结为一句话,日本人喜欢抹茶味。


考虑到以前日本就有的传统食物,日本人对抹茶味的喜爱是不可思议的程度啊。但是,只是因为年份久远,绝不会喜欢到这种程度。能让日本人这么喜欢,抹茶里藏着什么奥妙呢?


奈良時代、遣唐使がお茶を持ち込む


日本茶としての抹茶の大きな特徴の1つは、粉状になっていることだ。茶の新芽を摘んで蒸したあと、そのまま乾かし、これを碾いて粉にする。粉を熱湯に入れれば、茶の湯で出される抹茶になるし、食材に練り込んだり混ぜたりすれば、抹茶味の食べ物になる。揉んだ茶葉を湯に浸して抽出した成分を飲む煎茶とはちがい、抹茶は粉そのものが味わわれているわけだ。


お茶は、日本の遣唐使が中国からもってきたものといいます。有力な説として、774(宝亀5)年という年が時期的に合います。当時は、唐においてもお茶は流行の最先端。陸羽(733~804)という人物が『茶経』という茶の研究書を世に出したことで盛んになっていた。この頃の中国でのお茶は、酸化させないために茶葉を煮てから、それを固めて乾かしていた。こうしてできた固形の茶は「餅茶」(へいちゃ)と呼ばれている。


奈良时代,遣唐使把茶引进

作为日本茶的抹茶最大的特征之一是粉状。把茶叶的新芽摘除后蒸着,然后就那样晾干,把它碾成粉。粉泡到热水里,能够成为茶道里的抹茶;和食材混在一起,能够成为抹茶味的食物。这和泡在热水里喝的煎茶不一样,抹茶喝的就是粉本身的味道。


茶道是日本的遣唐使从中国带回来的。最有考究的说法是774(宝龟5)这一年。当时在唐代,茶道是流行的前线。是因为陆羽(733~804)写的关于研究茶的《茶经》问世而兴起的。这时中国的茶防止酸化将茶叶煮了,然后变硬变干。这样成为固体的茶称为“饼茶”。


茶臼の登場できめ細かな粒に

茶葉を道具で碾いて粉状にし、それをお湯に入れて飲む。この点では、中国から伝わったお茶の飲み方は、今の抹茶の飲み方と通じてはいる。しかし、当時の餅茶の色はいわゆる「茶色」だったようだ。また、碾いた粉は粒が大きくざらざらしていて、湯に入れてもすぐ沈んでしまったようだ。いまの色鮮やかで、舌ざわり滑らかな抹茶とは遠いものだった。


日本の抹茶の歴史を見る上での重要な茶臼も、中国から留学僧が持ち帰ったと考えられている。金沢文庫の1307年以前の古文書に「茶臼」の記述が見られるものの、日本で茶臼が使われ始めた具体的な年代までは特定されていない。


一方で、茶臼で抹茶の粉をつくることにより、湯に入れた抹茶を効果的に撹拌する必要が出てきた。そこで抹茶に、茶筅というもう1つの道具が使われるようになった。石臼が使われ始めたと時を同じくして、茶筅も使われるようになったのだ。


時代とともに、抹茶の用途、文化、技術は変化を遂げてきた。しかし、抹茶の風味を示すための表現はこれからも変わらないだろう。すなわち「抹茶の味は、日本の味である」ということだ。

これで以上となります。ご清聴、ありがとうございました。


茶石臼碾成更细的颗粒


茶叶用道具碾成粉,再倒入热水喝。在这方面,中国传过来的喝茶方法和现在抹茶的喝法是一样的。但是当时的饼茶颜色是所谓的“茶色”。还有,碾出来的粉颗粒比较大比较粗糙,放入热水后马上沉下去。和现在颜色鲜艳、口感滑滑的抹茶有很大差别。


日本抹茶历史上重要的茶石臼也是从中国回来的留学僧人带回的。金泽文库的1307年前的古文书有记述“茶石臼”这词,但什么时候开始用的就不得而知了。


另一方面,由于是用茶石臼碾成抹茶的粉,所以就有必要在倒入热水后搅拌抹茶了。这时用于抹茶的圆筒竹刷这个道具也就出现了。因此茶石臼和圆筒竹刷是同时开始使用的。


随着时代的变化,抹茶的用途、文化、技术也发生了改变。但是展现抹茶风味的表现是一直不会变的吧。也就是说,“抹茶的味道是日本的味道”。


 

阅读这篇文章人的还阅读了以下文章

 

相关问答

  • 问:为什么大会交传的价格这么高?
    答:会议口译层次上的交替传译和同声传译难度相当。在实际操作中,很多会议交替传译的级别都很高,对翻译的临场经验和翻译准确度有很高的要求,一般都由同传译员来完成,因此基本上和会议同传价格相同。
  • 问:会议口译时应注意那些问题?
    答:1.在长句处停留。有时演讲者所讲的句子过长,译员用一句话翻译概括出来就可以。所以在进行会议口译工作时,不需要仔细分析主谓宾从句之类的,只需要将原文的意思表达清楚就可以了。 2.遇到生词停顿时间过长。老是停留在生词处就无法将全文听完,这就相当于拣了芝麻丢了西瓜。 3.会议口译并不是要求工作者必须要懂得每一个词汇,只需将大概的意思表达清楚即可。 4.注意克制自己的紧张情绪。一紧张就容易出错,而一出错就更加紧张了,这是一个恶性循环,需要找到适合自己的办法去 人名、数字、逻辑关系、内容就可以了。
  • 问:一般多长时间可以翻译完成一份稿件
    答:我们建议用户一篇文章至少留2-3天时间进行翻译处理,一方面是因为翻译部门每天都排满项目,您的项目或许会有适当的缓冲时间。另一方面我们可以按照正常速度处理每个客户每天3500字以内的文字翻译量。如果您有一篇3000字以内的稿件,我们会建议您留出2-3天时间来处理,但如果您要求一个工作日内处理完毕,通常情况下我们也是可以满足您的要求的。
  • 问:如何对待长期合作?
    答:我们备有长期协议书,签订长期协议后,客户可享受优惠价格、优先服务等优惠条件,使双方长期稳定地发展合作。